真珠の染色について

 

 

 

Q1.真珠に染色はあるのでしょうか。

Q2.どこまでが染色という作業なのでしょうか?

 

①漂白していない真珠など存在しない

真珠はほぼ全ての真珠が何らかの人工的な手が加わっています。

普段私たちが見るような真珠は採取、研磨、漂白、選別という手順を必ず踏んでいます。

 

淡水真珠もあこや真珠もその成分は折り重なった何千もの蛋白質とカルシウムの層でできています。

そしてその間に入るごくわずかな成分が真珠の色の違いを作り出します。

 

しかし天然の貝で作られるもののためどうしてもムラが生じ、層の中に滲みや汚れが付着しています。

この汚れは何千と積み重なった真珠の層と層の間に入り込んでおり、表面の汚れは研磨で落としますが、内部の汚れは物理的にはとることができません。

 

そのため化学的に漂白します。

酸や塩基が強いと真珠層を構成する淡白まで変性して真珠の価値を毀損するため、主に過酸化水素水をベースとした薄い漂白を時間をかけて行います。

ここでの注意は強く漂白をすればするほど真珠本来の色も漂白され、真珠も少しづつ痛むことです。

 

 

市場に出回っている高価格帯の淡水真珠やあこや真珠のうち8割は漂白作業がなければその価値が落ちてしまいます。そのためこの漂白は真珠の色を変化させる作業ですが、通常はわざわざ行ったことを表記しません。

真珠にこの作業を行うのは当たり前だからです。

 

 

 

②染色

染色は漂白後に行います。

真珠を染料に漬け込み、構成成分の蛋白質と染料を化学的に結合させることで退色しにくい色を真珠に与えます。

通常は人気のない色(あこや真珠のクリーム色、青色、グレー)などで漂白後もシミが目立つもの、もしくは形状や傷などが悪くその真珠単体で勝負をしないアクセサリーなどに多用されます。

よく見るのはあこや真珠のクリーム色を金色に染色するものや淡水真珠の濃い紫色を黒色に染色したものです。

 

 

基本的に白の着色や薄いピンク色への着色はないため、一般的な真珠については染色の心配はいらないと思います。

 

 

 

見分け方は難しくありませんが、染色はとにかく原色調が強いです、黒なら真っ黒、金ならまっ金色となります。

当店では染色真珠は扱っていません。

染色について少しでも疑問が解決したでしょうか?

​つるた淡水真珠店

​郵便番号:812-0018

住所:福岡市博多区住吉5丁目5-22-803

代表:鶴田英花

電話番号:092-710-7220

​ホームページ

https://www.tsuruta-pearl.com

メール

tsuruta@fresh-water-pearl.com

twitter

https://twitter.com/tsuruta_pearl

振込先

楽天銀行(旧イーバンク銀行)

支店番号:227

支店名:ボレロ支店

口座番号:5004386

口座名:つるた淡水真珠店 鶴田 英花

ご注文方法

注文は24時間受け付けております。

*WIXでの注文方法

クレジットカード、銀行振り込みでの支払いの場合

ショップページより購入可能です。

代金引換での支払いの場合

メールかお問い合わせでまず当店にご連絡ください。

*yahoo!ショッピングでの注文方法

​yahoo!ショッピング 規約をご参照ください。

​その他サイトについて

その他サイトでの支払いや注文は記載サイトの規約に準じます。

送料について

現在全ての商品について送料無料とさせていただきます。

発送について

ご入金確認後3営業日以内に発送させていただきます。

ネックレスの発送は全て保証付き、追跡付きになります。

発送後に追跡番号をメールでお伝えさせていただきます。

返品・交換について

淡水真珠は天然物であり最大限実物に近づけるように写真を撮影しており検品もしていますが、照明などにより写真と色合いなどが若干異なる様に感じられることがあります。ご了承ください。

到着後5日以内に連絡をいただいた場合は返金、返品、交換を受け付けています。

返金の場合は送料のご負担をお願いします。

初期不良の際は送料当店負担で商品を交換しますので

ご連絡ください。